うなじの医療レーザー脱毛について

うなじのムダ毛は特に夏には気になる方は多いのではないでしょうか。
夏では、うなじの部分が蒸れやすく、また汗をかいて髪に汗が付いて肌にくっついて気持ち悪いから、なんてこともありますから、髪をアップする方は多くいますよね。
他にも、夏祭りで浴衣を着て彼氏と…なんてこともありますしね。

とはいっても、中にはこのうなじのムダ毛が気になって、髪をアップにするのを我慢しているという方もいますよね。
カミソリなどでうなじのムダ毛を処理をした場合、処理した直後はいいのですが、数日経つとジョリジョリ感が気になりアップできないという方もいるのではないでしょうか。
そんな方にお勧めなのが医療レーザー脱毛です。

◎既にうなじの医療レーザー脱毛に興味を持っている方へ◎
うなじの医療レーザー脱毛に興味がある方に、おすすめのうなじ脱毛ぷらざはこちらです。
「うなじ脱毛ぷらざ」なら、うなじ脱毛をする際に、よくある疑問点や不安な事などがまとめられていますから、うなじ脱毛を考えている方は、1度見ておくことをお勧めしますよ。
「医療レーザーはちょっとなあ…、そこまでツルツルにしなくていいから、痛みとかが少ない方がいいよ」
って方もいるでしょう。
そんな方向けに、脱毛エステサロンも紹介されていますから、そんな方にもうなじ脱毛ぷらざはおすすめできますよ。

医療レーザー脱毛は5回~6回程度の施術を受けることで、自分で処理する必要のない状態まで効果が得られる施術です。
そのため、施術が終わればうなじのムダ毛を気にする必要もなくなり、髪をアップしたり、浴衣などを着てもうなじを気にする必要もなくなります。

しかし、この医療レーザーは、脱毛サロンなどに比べて痛みが強いので、受ける際にはある程度痛みに対して覚悟して受ける必要があります。
うなじは他の部分と比べても痛みを感じやすい部分です。
そのため、その痛みに耐えられず施術を途中で諦めてしまうという方もいます。
とはいえ、うなじ脱毛ぷらざで紹介されているアリシアクリニックであれば、痛みが少ないダイオードレーザー方式で施術が行われますので、このようなところを選べば心配は要りません。

とはいえ、痛みの感じ方には個人差がありますから、それでも耐えられるかどうか不安という方もいるでしょう。
そんな方は、医療レーザーは医療機関で受ける施術ということもあり、麻酔を使い痛みを軽減させることもできます。
(このような麻酔の対応をしてくれるクリニックも、うなじ脱毛ぷらざであれば紹介されていますよ。※リゼクリニックなど)

医療レーザーであれば効果が大きいので、1回の施術でもある程度の効果は期待できます。
ただ、効果が得られるのは、体の表面に出ている毛だけです。
なので、うなじの毛の生え代わりも含めて、全ての毛に対して効果を得るには、3回~4回程度の施術を受ける必要があり、完全にツルツルにしたいという場合には、もっと多くの回数が必要になってきます。

最新の医療レーザーでは脱毛部分を冷却しながら照射する機器もあり、痛みの程度が軽減されるように工夫されています。

このように、サロンやクリニックを選ぶ前、施術を受ける前に知っておきたい事はたくさんありますので、きちんと事前に調べておきたいところですよね。
そういうわけなので、ここでもう1度、私のおすすめのうなじ脱毛ぷらざを紹介しておきますね。
きちんと事前に調べて、自分に合ったサロンやクリニックを選んで、理想的なうなじを手に入れましょうね!

 

うなじ脱毛に通う回数や頻度について

うなじの永久脱毛を目指すのであれば、毛の周期に合わせて複数回、脱毛を受ける必要があります。
これは毛が、成長期、退行期、休止期の3つのサイクルを繰り返して、絶えず生え変わっているからです。このうち脱毛処理を行った場合に生えてこなくなるのは成長期の毛のみであり、退行期にある毛や休止期にある毛にはまったく効果がありません。そのため、成長期にある毛を狙って間隔を空けて脱毛処理を行う必要があります。
なお、成長期および退行期の皮膚上にあらわれている毛は、毛全体の3分の1程度といわれています。そのため、3分の2程度は休止期にあるため、1度の脱毛ですべての毛を綺麗に脱毛できても再び生えてくることになります。このため一般に脱毛の回数としては最低でも6回は受ける必要があります。永久脱毛を目指すのであれば、回数は10回以上は必要とされますが、このあたりは個体差が大きく、それ以下の回数でも永久脱毛になる人もいます。なお、頻度もその部位に合わせて行う方が効率よく行えます。例えばビキニラインなどは約4ヶ月程度で休止期から成長期に移行しますが、手や足の場合には約3ヶ月から半年とその毛が生えてくる頻度が変わってきます。

うなじ脱毛に通う回数では、やはり6回から12回ほど必要であり永久脱毛を目指すのであれば、2ヶ月に一度の頻度で脱毛を行う必要があります。ただしうなじ脱毛はその部位の性質上、効果が見えづらいものとされています。これは、もともと産毛が多く生えている場所であり、それだけ毛が密集しているためです。またうなじは自分の目で直接見ることができない部位であり、うなじ脱毛をしても、見た目による実感を得られない場合があります。
特に、脱毛サロンの場合、産毛だとどうしても効果が出にくいですから、うなじの脱毛をするのであれば、医療レーザーがおすすめです。
うなじの医療レーザー脱毛についてはこちらです
医療レーザーであれば、うなじなどの産毛でも比較的効果が出やすいですからね。

 

◎襟足脱毛の魅力について◎
襟足脱毛は、短時間で施術が終了するのも魅力のひとつです。
人気の形はW型ですが、産毛を少し残し、自然なアーチを描く形も人気となっています。
浴衣を着る際のヘアアレンジにもおすすめです。
産毛を全て処理するうなじ脱毛もあり、つるつるですべすべの状態にすることも可能です。
W型は、首を長く、細く、美しくみせる特徴があります。
通常、脱毛前は、自分でシェービングをしてから施術にのぞむことが一般的ですが、うなじ脱毛の場合は、自己処理が難しいため、施術者にシェービングからお願いすることもおすすめです。
その他、ブライダルエステに含まれている場合もあります。
脱毛の施術を受けたあとは、保湿クリームなどを塗って乾燥を防ぐことが大切です。
保湿を日々行なうことで、サロンなどでの照射の効果をより高めることができます。
脱毛は、毛の周期に合わせて通うため、通いやすい場所にあるサロンを選ぶのも大切なポイントです。
施術を受けるたびに、毛は細く、薄くなっていきます。
施術後は日焼けを避けることも大切ですので、外出時にはUVケアをしっかりしましょう。

うなじ脱毛で失敗しないために気を付けたい事

うなじ脱毛で失敗したくないときには、どのような形に整えたいのか前もって決めておきましょう。
うなじの毛を処理するときには、形も重視しないと綺麗に整えることはできません。
毛を全部処理したい方もいれば、一定の部分の毛を残しておきたいと考える方もいますので、理想的な形に整えるためにも、デザインについて決めておくとよいでしょう。
また、うなじ脱毛を行う際には、自分で処理するのではなく、クリニックに通ったほうが、安全に行うことができます。

自分で処理するときに、クリームを使うと安全性も高くなってくるものの、体質によってクリームに含まれている成分で肌荒れを起こしてしまうこともあるのです。
また、家庭用脱毛機を使った場合についても、目に見えにくい部分になるため、機器を当てたくない部分に当ててしまい炎症を起こしたり、火傷を引き起こすなど失敗するリスクも高くなってきます。
うなじ脱毛での失敗を防止するためには、クリニックに通って施術を受けるようにしましょう。
クリニックでは、医師や看護師が慎重に脱毛を行っていくため、当てたい部分にレーザーを当てることができるのです。
また、目で確認したうえで、レーザーを照射していくこともできるため、お肌の炎症や火傷といった問題についても防げるようになってきます。
医師が管理を行ってうなじ脱毛を行えば、慎重さが求められるうなじ部分の毛を綺麗に整えることができるでしょう。
うなじ脱毛の失敗を防ぐための注意点として、デザインを決めていくことと、クリニックに通って脱毛を行うことに気を付ければ、皮膚が敏感な部分も綺麗に処理できるようになってきます。
毛が気になるときには、クリニックに通うことで、うなじ脱毛してみるとよいでしょう。
※クリニックのうなじ脱毛に関しては、こちら(http://www.hpctraining.com/?p=33)のページで詳しく書いていますので、興味がある方はご覧下さい。